こんな骨盤矯正のやり方はデメリットになるので要注意

仕事内容はパソコンに向かってのデスクワーク、ということが多い現代人。足を組んだり猫背だったりといったゆがんだ格好で一日中やっていると骨盤はゆがんでいってしまいます。特に、女性の場合は出産によって大きく骨盤が開くので、産後の時期に左右のバランスが崩れていると骨盤も正常な位置に戻りにくいといわれています。歪んだままだと骨盤周りの血流が悪くなり、脂肪の燃焼がうまくいかなくなります。そのため下腹が出て下半身太りしてしまいます。むくみや冷え性・不妊・腰痛などのトラブルの原因ともなってしまいます。特に産後は、骨盤矯正を心がけましょう。整体やエステに行かなくても自身で治すこともできます。ただ、やり方によってはデメリットとなるものもあるので、注意が必要です。

自力で骨盤矯正をする際の注意点

一度歪んでしまったものは、そう簡単には元に戻りません。整体などに通う場合長期戦となるのでかなりの費用は覚悟しておく必要があります。それよりは自宅で骨盤体操を続けたほうがよいでしょう。ただ、どんなに体操などしていても、その原因となる普段の姿勢を改めなければ意味はありません。まずは自身の生活を見直してみましょう。ゆがみは日常生活の中で作られるのです。特に、産後のママは多くのエネルギーを使ってボロボロの状態です。まずは身体を回復させることが先決です。自身で行なう場合、何かあっても自己責任です。無理のない範囲で行なうようにしましょう。痛みが出たらすぐにストップし、様子を見るようにしながら少しずつ進めていきましょう。日常生活の改善と無理のない矯正をすることが注意点です。

骨盤だけ矯正しても意味はありません

骨盤の位置を動かせばよいというわけではありません。そこに繋がる筋肉や仙腸関節などの関節類、すべてのゆがみを改善し、体全体のバランスを良くすることが目的です。数回の施術やストレッチで効果が得られなかったからといって、諦めてしまうのはやめましょう。とにかく継続が必要です。また、人間の身体の不調はすべて骨盤の歪みから起こっているわけではないことも知っておきましょう。もしかしたら違う原因で起こっている不調もあるかもしれず、それは治すことはできません。骨盤を矯正することは症状の改善方法の一つと考え、少しでも楽になるよう毎日続けることです。ダイエット改善のために始めるという方も多いでしょうが、もちろん日常生活で糖分を取りすぎていては意味がありませんし、その他の理由で下半身の血流が悪くなっていることもあります。